ブログBLOG

2022.01.03 スタッフ日記断熱リフォーム

【断熱材をご紹介】グラスウールとセルロースファイバー

こんにちは!テクニカル部(工事部門)の山﨑です。

私は、テクニカル部の中でも断熱班として活動しています!

 

そこで今回は断熱材の種類をご紹介致します!

一般的に使われる事が多い、ガラス繊維で出来ている「グラスウール」という断熱材です。「グラスウール」は多くのハウスメーカーさんでも一般的に使われていて、安価な断熱材で正しく施工をすれば断熱性能としては十分なのですが、施工不良や時間の経過によって隙間が空いてきたりしてしまいます。

 

▼リフォーム工事に入ったお宅の断熱ですが、隙間が多くありました。

壁の断熱材、施工不良で隙間があり断熱性能を果たしていない

 

また湿気などにも弱く、壁のなかでカビが生えてしまって家を腐らせてしまうという事もあります。

 

そこで、当社が使用している「セルロースファイバー」という断熱材です。

この断熱材、実は新聞古紙(売れ残ってしまった新聞紙を再活用)を加工して作られている断熱材で施工した際は隙間なく施工でき、調湿、吸音、防虫など色々な利点があります!

 

▼「セルロースファイバー」がぎっしり吹き込まれているので、シートをカットしてもこぼれ落ちません。

断熱材「セルロースファイバー」が隙間なく施工されている

 

断熱材の隙間が空いていては断熱していても効果がなく、寒かったり結露が凄いなど問題が出てきてしまいます。

 

新築だけではなくリフォームも対応しておりますので、気になる方はお問い合わせください!!

 

以上、山﨑でした!

 

 

 テオリアランバーテックでは、セルロースファイバーを使用した断熱リフォームを行っております。

 

現地調査で、断熱材の有無や施工不良がないかの確認を行い、適切な施工プランをご提案いたします。

ご予算や断熱リフォーム後の効果などお話しさせていただければと思います。

 

まずはお気軽にお問い合わせくださいませ!(^^)/

 

 

断熱リフォームについて

 

お問い合わせ

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

住宅改修・リフォーム・診断のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア長野県全域
受付時間平日8:30〜17:30