ブログBLOG

2022.05.09 シロアリ

床下で何をしてる?

 

 

テクニカルの我妻です。

 

いよいよ忙しくなるシーズンがやってきます。

 

 

そこで今回は白蟻駆除工事について床下でなにをやっているのかを 

簡単にご説明したいと思います。

 

 

 

電動ドリルを持って床下に入ります。

蟻道のある箇所や被害が確認できた箇所の木にドリルで穴をあけます。

 

 

これによって被害の範囲や程度がわかるのです。

 

 

そしてこの穴に薬剤を注入します。

 

圧力がかかっているので食べられた木材のなかを薬剤が流れてゆき中にいる白蟻を死滅させます。

 

 

床下空間のないコンクリ仕上げのタイルのお風呂や玄関の土台も薬剤を注入します。

 

 

 

何も問題のない部材には吹付の処理だけします。

 

 

木部材の処理が終わりましたら今度は土の処理です。

 

 

基礎際や束石のまわりを重点的に薬剤を散布しその他の表面にも散布します。

 

これが床下での一連の作業です。

 

 

この他床下以外の作業もあります。

 

 

担当のアドバイザーに何でもお聞きください。

 

 

 

 

 

ドリルで穴を開ける場合には事前にお客様に状況をお伝えし、その上で作業を行います。

穴を開けた部分には、木栓をし、上から目立たないように処理を行います。

シロアリに食べられてしまっている木材を、守るための処理ですね!

気がつかないうちに被害がすすんでいることもあります。

定期的な点検、予防(薬剤散布)を計画しましょう!

 

シロアリ防除について

 

無料床下点検の申込

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

住宅改修・リフォーム・診断のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア長野県全域
受付時間平日8:30〜17:30