ブログBLOG

2022.05.30

タームレーダー(床下が無い場合の探知について)

こんにちは、アドバイザーを担当している藤森です。

 

 

シロアリの調査には、基本的に、建物の「床下」を確認することがメインとなりますが、中には床下空間が「無い」建物が存在します。

 

 

その場合、床下の調査ができませんので、

「タームレーダー」を使用して、調査します。(画像)

 

 

マイクロ波のセンサーにより、シロアリの動きを探知する機器となります。

タームレーダーの画像

 

 

 

シロアリが存在しそうだと思われる部分に、機器を近づけ、マイクロ波の状況を確認します。

 

 

タームレーダーで白蟻の有無を調べている様子

 

 

 

シロアリが存在する場合には、

 

センサーに白蟻の可能性があるという反応があった時の結果画像

 

 

 

画像のように棒グラフ状に反応します。

 

 

またシロアリが存在が無い場合は、

 

 

センサーにシロアリはいなかった時の結果画像

 

 

何も表示されません。

 

 

 

建物は、構造、つくり方、千差万別です。

 

いろいろな物件に適した調査をしていく必要があります。

 

床下が無い場合や狭くて入れないといった場合には、

タームレーダーを使用するのですね!

羽アリが出てからの駆除となると、大掛かりな駆除が必要なケースもあります。

しっかり調査・予防をして、シロアリ被害を未然に防ぎましょう!

 

 

シロアリ防除について

 

無料床下点検の申込

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

住宅改修・リフォーム・診断のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア長野県全域
受付時間平日8:30〜17:30