ブログBLOG

2019.02.05 スタッフ日記

三九郎

こんにちは、アドバイザー担当の藤森です。

先日、「三九郎」に参加してきました・・・。

全国的には「どんど焼き」の名で知られている正月行事ですが、松本地区では「三九郎」と呼ばれています。

太い木を3本交差して、やぐらを組みます。そこに萱や竹を立て掛けて並べ、縄でグルグルと縛ります。

本来は、小学生の行事ですが、もはや大人がいないと作れません。

どんど焼きだと「お餅」を焼いて食べたりしますが、

三九郎の場合は、柳の木に「繭玉」と呼ばれるお餅を付けたものを火で焼いて食べます。

           

最近では、「マシュマロ」や「お肉」、「ウインナー」を焼いて食べる方もいるようです。

さあ、小学生みんなで、夕方点火します。

 

           

火が付けば、あっという間です。

こんな光景があちらこちらで見られます。

上の子、下の子含めて、12年も関わることになり、自分も良い経験をさせてもらっています・・・。

CATEGORY

ARCHIVES

LATEST

住宅改修・リフォーム・診断のご相談はこちら

お見積・ご相談は無料

通話料無料対応エリア長野県全域
受付時間平日8:30〜17:30